スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縁結びパワースポット☆

今日から4月ですね?!

私の母や祖母は

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る、4月は死ぬほど長い」

…とよく言っていましたが、昔の人は上手いこと言いますね?(笑)

さて、毎月恒例の

白山比神社(しらやまひめじんじゃ)へのお一日参りへ

主人と私と娘の3人で行って来ました!

白山さんは、本当に良い気に満ちたパワースポットです☆

深呼吸すると、身体中が神聖な気で満たされ

不要なものは全て洗い流されるような感じがして、心がスーッとします…

ついでに御神木にもそっと触れて、大自然のパワーを頂きます…
<端から見ると怪しい3人組ですね?(笑)↑>


日本の白山神社の総本宮である、白山比神社は

・白山比大神[菊理媛神(くくりひめのかみ)]

・伊弉諾神(いざなぎのかみ)

・伊弉冉神(いざなみのかみ)の三柱をご祭神とし

霊峰白山を神体山と仰ぎ祀ってきました。


イザナギとイザナミの二人の神は夫婦神で

日本の数多の神々を生み出した存在として古くから信仰があります。

アマテラスやカグツチを生んだ神であり

日本の国土を作った神が、イザナギとイザナミの神なのだそうです。

全ての生みの親とも言える存在です。


イザナミが女性で、カグツチ(火の神)を産んだ事で死んでしまいます。

それから黄泉の国で暮らすようなったイザナミに

イザナギはどうしても会いたくなり黄泉の国へ向かいます。

そこで絶対に見るなと言われていた

イザナミの腐った死体を見てしまうことに!

あまりの恐ろしさに逃げ出したイザナギを

イザナミが呪うようになります…

その二人の仲を修復しようと尽力したのが

白山比大神こと菊理媛神(くくりひめのかみ)。

最後は万事二人の縁を取り結んだことから

縁結びの神様として崇拝されるようになった、ということです。


縁の神と、産み(創造)の神が祀られていることから

白山比神社は縁結びのパワースポットとして

特に子宝を祈願する人は、古来よりこの土地に祈願に来ているそうです。

これらを希望される方は、是非白山比神社へお参り下さいね^^


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。