スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斉藤一人さん「蓮の花の修行」

斉藤一人さんの講演会のCDの中の、
「蓮の花の修行」というお話をご紹介します。


*************************************


「蓮の花の修行」というのがあります。


こう言う人がいます。


「私、一人さんの本を読んだりなんかして、
天国言葉を言うようになったんです。
ところが会社へ行くと、
もう周りが否定的な地獄言葉ばっかり喋ってて、
嫌になっちゃうんです。」


…ていう人がいるんですけれど、
人間て、魂のステージが上がってくると、
あなたに与えられる修行があるんだよ。


その修行が、あなたに与えられた修行が、
「蓮の花の修行」なんだ。


で、蓮の花って何ですかっていうと、
泥だらけの中から出てきて、泥がついてないんです。


それで見事に綺麗に咲きますよね。


で、その泥から、
みんなが汚いと言ってる泥から、栄養を取ってるんです。


それで見事に咲いてるんです。


いいですか?


会社の人間が、どんなに否定的なことを言おうが何しようが、
あなただけは、よごれることなく、けがれることなく、
天国言葉を言い続ければいいんです。


で、修行の行は「行く」と書くんです。


ただただ、行けばいいんです。


行って、言い続けてればいいの。


それで、ハスというのは蓮根(レンコン)、連なる根っこ。


食べたことあるでしょ?ハスの天ぷらとか(笑)


ね?蓮根ってのは、連なってるよっていう意味なの。


てことは、根が連なってるから、魂ってみんな繋がってるの。


だから、自分が一人でも天国言葉ずーっと言ってると、
いつか一人、二人、三人って増えてくるの。


で、そういう修行に、もうすでに入ってるのに、
あの人がああだとか、この人がこうだとか言ってないの。


ともかく自分だけでも天国言葉を言い続ける。


これが「蓮の花の修行」なんだ。


もうあなたは「蓮の花の修行」に入ったんだから、
言い続けるしかないよ。


「蓮の花の修行」って、「観音様の修行」っていうのね。


観音様って、蓮の花持ってるじゃない?


で、その蓮の花を持ってるってことは、
どんな人の気持ちの中にも「分け御霊」という、「真我」という
よごれの無い、けがれの無いものがありますよっていうのが、
蓮の花を持ってることなのね。


で、あなたにはもう「蓮の花の修行」がきたんだから、
自分は花として生きればいいんです。


で、その花として一生懸命生きてると、
根が繋がってるから、ちゃんと次、次って出てくるよ。


今世、一生懸命やっても、誰も出てこないことがあるんです。


そしたらまた来世やればいいんです。


そんなに急ぐことはないんです。


世の中、無限に続いてますから。


ただ、自分に修行がきたんだなっていうことです。
(以上)

*************************************


ここをクリックしたら、CDが聴けますよ♪(4分15秒です)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。