FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレ掃除で金運アップ♪

トイレ掃除の真言

「おんくろだのう うんじゃくそわか」

こう言いながら、うすしま明王様に感謝し、
トイレ掃除をすると、臨時収入があるそうです♪


以下、小林正観さんのお話をご紹介します。



*************************************



それぞれの家には、七人の神さまがつくそうです。


家が新築されると、この七人の神さまがダーッと走っていって、
自分の担当する部屋を決めるらしいのです。


七人の神さまのうち、一番早く着いた神さまは、
応接間が一番お金がかかっていて見栄えがよく、
格好いいということで、応接間の担当になります。


二番目に着いた神さまは、
二番目にお金がかかっていて見栄えがいい
玄関を担当することになります。


三番目に着いた神さまは、
次にお金がかかっていて見栄えがいいのは寝室と居間ですが、
居間のほうが大きいテレビが置いてあったり、
トロフィーが置いてあったりするので、居間を担当します。


四番目に着いた神さまは、
残っているところでは、
寝室が一番見栄えがいいので、寝室を担当します。


五番目、六番目、七番目に着いた神さまには、
流し、洗面所・風呂、そしてトイレしか残っていません。


五番目に着いた神さまは、
その水回り三か所の中で、
「かまどの神」という言葉があるくらいですから、
台所がこの中では一番格が高いということで、
台所の神さまになります。


六番目に着いた神さまは、
汚れたところを洗い流すという意味で、
洗面所とお風呂を一人で担当します。


最後の七番目の神さまがたどり着いた時には、
担坐するところがトイレしか残っていないので、
七番目の神さまは必ずトイレを担当することになります。


ところで、この七人の神さまが到着する時に、
どうしてこれほど時間の差がつくのかというと、
持ってくるものが違うからです。


一番目の神さまは、
何も持たずに手ぶらで、脱兎のごとく走ってきます。


二番目の神さまは、
小さな紙袋くらいのお上産を持ってきます。


三番目の神さまは、
セカンドバッグのようなものに、お土産を詰めてきます。


四番目の神さまは、
小さなナップザックを背負って走ってきます。


五番目の神さまは、
ちょっとしたリュックサックを持ってきます。


六番目の神さまは、
リュックサックの中に大きな、ものすごいかたまりを入れてきます。


そして七番目の神さまは、
山男が背負うような、背中が全部見えなくなるほどの
大きなザックを背負っています。


走ろうとしますが、どうしても速く走れないので七番目になってしまいます。


そのザックやリュックサックに何が入っているかというと、
金銀財宝が入っているのです。


その家に行って、みんなを裕福にしてあげようと思うのだそうです。


七番目の神さまは、とても心が優しく温かい方なので、
一番大きなザックを背負っています。


大汗をかきながら、走るどころかゆっくり一歩ずつしか歩めないので、
やっと着いたときにはトイレしか残っていなかった…。


この神さまの名を「うすしま明王」といいます。
(「うすさま明王」とも呼びます)


トイレに
「うすしま明王さま、ありがとうございます」
と書いておくと、明王さまがやる気になって下さるようです。


また、この「うすしま明王さま」がやる気になりやすい
トイレの真言というのがあります。


この真言は、意味がわからなくてもいいから、
とにかくその言葉を唱えることで勝手に現象が起きて、
楽しいものになるらしいのです。


その真言は
「おんくろだのう うんじゃくそわか」
といいます。


うすしま明王さまの名前を言って、
「おんくろだのう うんじゃくそわか おんくろだのう うんじゃくそわか」
と唱えながらトイレ掃除をすると、なぜか臨時収入があります。
(以上)



*************************************



とにかく自宅だけではなく、
スーパーマーケットでも、デパートでも、
電車の中でも、コンビニでも、映画館でも、
自分が入ったトイレが汚れていたら、
一点の曇りも無く磨いて出てくる…。


そうすると、なぜか臨時収入があるらしいのです。


たとえ下心や損得勘定があってもかまわないので、
とにかく
「面白がる」こと、
「続ける」こと、そして
「人に見られないようにやる」
ことがコツだそうです。


ただし、悩みが解決するまでの間、
言い換えれば願いが叶うまでは、
「不平不満」「泣き言」「愚痴」「悪口」「文句」
の5つを言ってはいけません。


口に出してしまったら、願いが叶う時が遠ざかります。


臨時収入の額は、トイレ掃除をしている期間の長さに比例します。


長い間続ければ続けるほど、受け取る額が大きくなるということです。


何日も何週も何ヶ月も、もしかしたら何年もの間、
トイレ掃除を続けていても、臨時収入に恵まれない人は、
その間に5つのうちのどれかを言っているのでしょう。


だから、10日間5つを言わずにトイレ掃除をしていても、11日目に
「こんなにトイレ掃除をしているのに、臨時収入なんてないじゃない。」
と言ってしまえば、ハイ終了?。


「不平不満」ですから、また初めからやり直しです。


どうも、小林正観さんのおっしゃることの根本には、
「日常の生活の中で、5つの事を言ったり、
心の中で思うことのないように、生きてみたらどうですか。」
という考えがあるようです。


願いが叶うまでの間、知らず知らず、
文句や悪口を言ってしまっていることがあるので、気をつけましょうね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。