FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私を産んでくれてありがとう」

「波動の法則」の著者・足立育朗さんのお言葉です。


先日、よしたけ保育園の園長先生のお話をご紹介させて頂きましたが
それに通じる内容でもあり、とても素晴らしいです!!


是非どうぞ!!^^↓↓



?家族とは、自我と欲から解放される原点?


もし宇宙からの情報を得るさいは、注意が必要です。


それは本人が自我と欲の振動波を出さないことです。


時空のしくみはマイナスの振動波を発振すれば
マイナスの情報と同調するからです。


しかし自我と欲をへらす意識をもつのではなく
自然のしくみにかなって調和のとれた方向に徹して決心をし
実践すればその結果、自我や欲は自動的にへります。


自然の法則は、それを身近に体験できる機会を与えてくれてます。


相手を思いやり、見返りを求めずに気づきをいただき
心から感謝し合える関係…自我と欲の対極にある
「無償の愛」を学べる場があるのです。


それはなんだと思いますか。


それは「家族」です。


ここでいう家族とは、いま生きている人に限定されません。


あなたが現在、この世で天涯孤独であろうとも
あなたを生んでくれたご両親は必ず存在していました。


離婚されたり、先立たれた伴侶や兄弟姉妹、そのほかの方がいる場合も
「家族」に含めて考えてください。


さて、あなたはご家族にどのくらい心から感謝しているでしょうか。


ただし、ここで言っているのは倫理観、道徳観
ましてや義務感などによるものではありません。


それをじっくり考える手助けとなるように
「家族への感謝のチェックシート」をあげさせていただきます。


家族は、自我と欲から解放される「無償の愛」の原点です。


家族に心から感謝できるようになりましたら
ほかの人たちにも拡げていくことができます。


さらに、その先が本来最も重要で、動物や植物、鉱物、微生物など
すべてにその意識を拡げることで、生態系が正常に甦り
全地球環境が改善される方向に向かいます。


リストを見ながらじっくり考えてみてください。


私たちの「自我と欲」に気づくヒントになるでしょう。



「家族への感謝のチェックシート」


ここでいう家族への感謝とは、倫理観、道徳観、義務感
などによるものではありません。


◆私は、私を生み、育ててくれたお母さんに、
 どんなふうにどれくらい感謝しているだろうか。


◆私は、私に生命体の元を与え、育ててくれたお父さんに
 どんなふうにどれくらい感謝しているだろうか。


◆私は、ともに同じ父母のもとに生まれ育った兄弟姉妹に
 どんなふうにどれくらい感謝しているだろうか。
 (複数いるときは、一人ひとり別に考えてみる)


◆私は、縁あって結ばれ、ともに生きてきた配偶者(夫・妻)に
 どんなふうにどれくらい感謝しているだろうか。


◆私は、私のもとに生まれてきてくれた子供に
 どんなふうにどれくらい感謝しているだろうか。
 (複数いるときは、一人ひとり別に考えてみる)


祖父母など、このほかの家族についても、同じようにチェックしてみてください。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


『あなたが現在、この世で天涯孤独であろうとも
あなたを生んでくれたご両親は必ず存在していました』


『離婚されたり、先立たれた伴侶や兄弟姉妹、そのほかの方がいる場合も
「家族」に含めて考えてください』


この文章を読んだ時、涙がじわ?っと溢れてきました…。


そして直感ですぐに、母に電話をしました。


「今から変なこと言うけど、ビックリせんといてや^^
…私を産んでくれてありがとね。」


母は「なんや急に!?どうした??」と訝しがっていましたが(笑)
「なんか分からんけど嬉しかったわ?」と喜んでくれているようでした^^


天国の父にも「ありがとう」!


離婚した元主人にも「ありがとう」!


なんだか心が軽?くなりました…^^


読んで下さっているあなたにも…「ありがとう」❤


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。